スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスで最も美しい村『ぺルージュ』後編


では、ぺルージュ後編!!
あっ。その前に。
リヨンから電車だと30分くらいだったみたいです(^^;)
バスだと1時間ほどのようです。今もあるのかなぁ??

13.jpg

中世の街並が残っていて映画の撮影にも使われたみたいです。
コンクリートではなく石の道・・・気を付けないと足をくじいてしまいそうですが、タイムスリップした気分ですね。


16.jpg

赤い花が似合いますね。地域ごとに石(レンガ?)の色は違いますが、私は『石と赤い花』の組み合わせがすごく好きみたいです。こんな感じの写真が結構あります。

14.jpg

井戸だったところでしょうか~?


さて、こちらぺルージュの名物といえば・・・・

15.jpg

「ガレット」にシードル!!!!!
ガレットはそば粉のものとは違います。
パン生地?に砂糖とバター(生クリーム?)をのせて焼いてあります。

11.jpg

17.jpg

19.jpg

お店によって生地の厚みや食感も違うので食べ比べてみると面白いですね!!
私はちょっと厚めでふわっとしているのが1番美味しいと感じたので、ホールでも買っちゃいました♪

18.jpg

私の研修先、ルジュンヌさんのお店でも作っていて、確かブリオッシュ生地だったと思います。

こじんまりとしたかわいい街なので、リヨンから日帰りOKですね♪
でも長~くのんびりしたくなっちゃいます。
でもでも、帰らなければ~><

20.jpg

帰りは普通に車の通る道を歩いたら、あっという間に駅に着きました(・・)
調べると約15分くらいだったようです。

いや~歩きました・・・・
フランスは割と石畳が多いですが、こんなにもボコボコした道を歩くことはめったにないですし。

翌日は・・・
まんまと寝坊(TT)いけませんね~
しかし、
土地のお菓子を知ることができ、同じお菓子でもお店によって全然違う。ということがわかったので良かったです!
考えてみれば理解できること、当たり前のことですが(お味噌汁でも、それぞれの家庭の味があるように・・・)

フランスは地方ごとに食べ物が変わるといいますか、地方ごとに特色があって
食べ物をみて「あ~○○に来ているんだ!」と実感できるのが楽しいですし充実感があります。
日本でもそうなのかもしれませんが、どうしてもチェーン店が目立ってしまうようなイメージが強いです。

さぁ、次はどこへ行きましょうか~~~^^
気ままな思い出旅ですが、お楽しみに♪







スポンサーサイト

| 小田原 ナチュラル菓子工房citron 幸せな毎日のために…ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://citron44.blog130.fc2.com/tb.php/428-e12e4fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。