スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が輸入フルーツを使えない理由2


?消毒(農薬など)の散布が出来るだけ少ないものを使いたい

と言うことについてです。

フルーツは完全無農薬栽培というのは難しいことです。
病気にかかりやすいですし、綺麗でないと売り物になりません。

でも、その中でもほんの気持ちでも、少しでも使わないで…というものを使いたいですし、常に探しています。

輸入するということは、その分配達時間がかかり状態は悪くなってしまいます。(国内でも何日かかかってしまう場合もありますもの)
状態が悪くならないように農薬が撒かれる場合が多いと思います。
そして、その分早く収穫もしますよね。

私が怖いと感じたのは
「輸入バナナ」です。

いくら真っ黒になってもハエなどの虫が寄り付かないのです。
食べ物があるとハエがすぐ寄ってきますよね?!それが全くいつになってもそのバナナだけにはブンブンしないのですよ。虫は正直なのです。


あとはライチ。
あるケーキ屋さんでティータイム♪
ライチのケーキかぁ!食べたことないなぁと思ってそれをチョイス。
その時は何も感じずに食べました。

しかし、帰りの電車の中でなんか口の中がおかしくて、母は食道の方まで変な感じがしていました。
もともと、化学調味料でそのようなアレルギー症状がでるのですが、その日はそういう食事をした記憶もなく…
痛み?その変な感じもいつもとちょっと違うような…


原因をずーっと考えて、もしかしてライチ?と思って調べてみると、
「硫酸をかけて皮の色を綺麗な色にしているものもある」という記事を見つけました。腹痛や食道の火傷などの症状がでたようです。(「ライチ 硫酸」と検索してみてください)
まさに舌や食道の火傷だったのだとおもいます。幸い軽かったようで次の日にはなんでもありませんでした。


けれど、そのライチよりもっと恐ろしいものがありました。それは、

「フランボワーズ」です。

日本では食べたあとなんか変~くらいに思っていて、でもそれは酸味のせいどろうと思っていました。

フランスにいたときは、輸入でも、日本に来るよりは農薬散布は少ないだろうと思い食べました。しかし…

フランボワーズを食べてすぐに舌がものすごく火傷した時以上に痛くて…!!!もうびっくりしました。本当にすぐだったのです。お昼に食べてからずっと痛くて、でも、ライチの時のように次の日には治ると思って寝ました。

けれど翌日も、その次の日も舌が麻痺しているみたいに味が感じなくて、ものが当たると激痛でした。

その次の日も同じでした。
もう味覚がなくなった……と怖くなりました。病院に行けばよかったのですが恐怖でそんな事が思い浮かばず…誰にも言えなかったです。

でも、その次の日くらいからだんだん痛みがなくなっていき味も感じるようになりました。(元に戻ったのかはわかりませんが…)


フランスでもこんなにすごいのね(^^;;特にフランボワーズのように皮を剥かずそのまま食べるものは恐ろしいです。

その事があってから怖くて食べる事ができません。そばにあるだけでも恐ろしいのです。私は特に弱いから症状が出やすいのだと思いますが、農薬や薬品がそれだけ食品にかかっているということです。


ちょっと長くてすみません´д` ;
こう言う訳なのです。

普段、皆様がフルーツを買われるときまでも輸入はダメ!絶対にダメです!!!と言うつもりはありません。
選ぶのは自由です。
(でも、出来ればね、安全を選んで頂きたいと思っていますが)
ただこう言う事があります。それは知っていただきたいと思います。

そして、
自分が経験していながら皆様にご提供するということは○○と同じこと…
だから、輸入フルーツを使うことができないのです。

他のことでも同じように、出来る限り安全であることを1番に考えて選ぶようにしています。

しかし、こんな大それた事を言っていますが、まだ100%ではありません。ごめんなさい(;_;)

でも、少しずつ100%に出来るように日々探しています。値段が高くても調整しながら頑張っています。




スポンサーサイト

| 小田原 ナチュラル菓子工房citron 幸せな毎日のために…ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。